太く見える服を選んでませんか?

MENU

太く見える服を選んでませんか?体型別、細見えコーデのコツまとめ

 

ぽっちゃり体型を隠したいと思うと、ついつい、大きめサイズのゆったりとした服を選んでしまいがちですよね。

 

でも全身をゆったりとさせてしまうと、ファッションがヤボったくなってしまったり、かえって太く見えるコーデになってしまったりすることもあるので、注意が必要です。

 

そこで、ここでは、メリハリを意識しながら、体型別に細く見えるコーデのコツをまとめてみました。

 

まずは、鏡で自分の体型を知る

細見えコーデを考える前に、まずは、全身が映る姿見を使い、体の中の隠したい場所や特徴など、改めて、客観的に観察しておきましょう。

 

鏡で見たら、腰から下が気になった場合

タイトなトップスに、ひざ下くらいのフレアースカートを組み合わせ、Aラインを意識すると、腰回りを自然にカバーしてくれます。

 

長めのトップスの場合は、ウエストの中に入れるか、幅広のベルトを使うと、腰まわりから視線を外させつつ、足長効果が得られてスッキリとした印象になります。

 

足首が太い場合は、隠してしまいたくなりますが、体型カバーに夢中になり過ぎて、あれもこれも隠してしまうと、逆に、モッサリとした雰囲気になってしまいますので、足の中でも細い部分である足首は、しっかりと見せるようなパンツやスカートにした方が、細く見えるコーデになります。

 

鏡で見たら、胸やお腹まわりが気になった場合

お尻くらいまで長さのあるゆったりとしたトップスに、スキニーパンツを組み合わせると、上半身の体型を隠しつつ、スキニーの美脚効果で全体的に細身に見えます。

 

トップスは、みぞおちからウエストの間で切り返しになっているものや、ウエストリボンのものを選ぶようにしましょう。

 

フリルの多いワンピースなどは、ボリューム感が出過ぎてしまうので、ヒラヒラのフリルなど、あまり飾りの多くないワンピの方がおすすめです。

 

どこがというようり、全体的にぽっちゃりしてるのが気になる場合

足が太い、腕が太いなど、細かいパーツというよりも、全体的にぽっちゃりと太っているのが気になる場合には、ゆったりコーデで全身を覆ってしまうことが多いですが、それだと、体型を気にしているのがバレバレになってしまいます。

 

体の中の細い部分である首・手首・足首は、出来る限り露出することを意識して、コーディネートを組んでいきましょう。

 

特に意識したいのは首。

 

ハイネックは首を短く見せてしまいますので、Vネックの物を選ぶか、ボートネックやオーバルネックを選び、視線を散らすためのポイントカラーとして、一部に原色系のカラーが使われているものを着るか、大き目のアクセサリーなどを使うのがおすすめです。

 

大きいサイズのレディースファッション